車保険の基礎知識現在、車は日常の手軽な移動手段として、また企業の物流手段として欠かせないものとなっています。便利で身近な交通手段と言えますが、車の運転には非常に大きな危険が常に付いて回っていることも忘れてはならないことで、必要な保険でリスクに備えることが大切です。車保険は大きく分けて2つの種類に分けられます。1つは強制保険とも言われている自賠責保険で、車を購入したときや車検のときに加入することが法律により義務付けられています。

 

任意保険も大事

もう1つは任意保険で、文字通り加入するしないは各人の自由となっている車保険です。車の保険は自賠責保険に加入していれば安心とはいかないのが現実で、自賠責保険には補償の限度が設定されており、死亡時の場合3,000万円、傷害は120万円、後遺障害が残った場合には75万円から4,000万円と決まっています。実際に交通事故を起こした場合、賠償が補償の額を上回ることも珍しくないため自賠責だけでは車保険として十分とは言えないことから、足りない部分を補うために任意保険に加入するということが一般的になっています。

 

自賠責保険は範囲限定

自賠責保険は人身事故での相手のケガのみを補償するもので非常に範囲が限定されていることに比べ、任意保険の方は対人賠償保険・対物賠償保険・無保険車傷害保険・搭乗者保険・自損事故保険・人身傷害補償保険・車両保険などの担保種目があり、被害者への補償だけでなく自分自身や同乗者・物損の補償を受けることができ、これらをうまく組み合わせることで自動車事故全般に備えることができます。